会計ソフト freee フリー 無料 お試し

スマホでレシート撮影→自動仕訳が簡単にできるfreee(フリー)

 

 

 

スマホ画面の指示に従って、パシャパシャと経費のレシートや領収書を撮影していくと、どんどんアップロードして自動仕訳してくれる、従来の経理ソフト・会計ソフトの概念を完全に覆したのが、クラウド会計ソフトで当サイトからだけで毎日数十人が無料会員登録している圧倒的人気No.1freee(フリー)

なんと!この週末に確定申告が終わらせられるように、freeeに登録されている方には

  • 確定申告の基本知識や書類の作成方法、節税チェックリストをまとめた確定申告ガイドブック

が配布されています!今すぐ登録しておきましょう!

 

「経理の常識を変えた」クラウド会計ソフト freee(フリー)

 

会計ソフト「freee(フリー)」の
無料お試し

↓↓↓↓

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)

※税務署やe-taxの問い合わせ窓口が閉まっている夜間や休日もサポート対応中なので、確定申告の質問や相談がすぐにできます!

 

freeeなら電子帳簿保存法やインボイス対応も安心

 

 

freee(フリー)が圧倒的な人気の理由

会計ソフト,フリー,freee,無料,お試し,

  • スマホでレシート撮影するだけで、サクサク自動仕訳してくれ、
  • 銀行口座やクレジットカードの情報も自動読み込み・自動仕訳
  • 仮想通貨の確定申告にもいち早く対応
  • クラウドだからMacやタブレット・スマホでもOK
  • 弥生会計やマネーフォワードMFクラウドのスマホアプリはレシート撮影と仕訳くらいしかできないけど、freeeなら確定申告書作成までスマホだけで完結!
  • 税務署やe-taxの問い合わせ窓口が閉まっている夜間や休日もサポート対応してくれて、確定申告の相談や質問が可能
  • しかもお試し無料から始められる!

 

freee(フリー)の超簡単な使い方動画

 

freeeユーザーの口コミ情報 サポートに感謝の声が目立つ

 

 

会計ソフトって難しそう・・・簿記とか全然だめだったし・・・

仮想通貨で億り人になるところだけど、確定申告なんて一度もしたこと無いよ???

そんなあなたにも安心しておすすめできるのがこの「freee(フリー)」なのです!

会計ソフト「freee(フリー)」の
無料お試し

↓↓↓↓

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)

既に100万ユーザー突破!

会計ソフト,フリー,freee,無料,お試し,

なにしろ、既に60万ユーザー(事業所数)突破。(2016年3月)100万ユーザー(事業所数)突破。

 

創業は2012年7月ですから、わずか4-5年
破竹の勢いですよね?

 

 

  • 個人の副業や還付申告・青色申告
  • 個人事業主や起業・法人化した方
  • 中小企業
  • もっと大きな企業

まで含めて幅広く利用されているということです。

 

それだけ圧倒的に使いやすく、コスパも高く、信頼されているということですよね?。

 

3000以上もの税理士事務所・会計士事務所が会計freeeに対応

会計ソフト,フリー,freee,無料,お試し,

会計や経理・税務の世界ではコンピューター化が進んでいるものの、大手ERP・経理ソフトメーカーや4大監査法人など、伝統が支配する世界でもあります。

 

そんな中、既に3000以上もの税理士事務所・会計士事務所が対応しているというのは、ものすごいことなのです。

 

経理ソフトや会計ソフトはもちろん、一義的にはユーザー側の企業が業務で使いやすくないと始まりません。でも、同時に決算や確定申告で税理士や会計士がまったくその企業の会計ソフトに対応していなければ、データを電子的に送るのではなく、帳簿やプリントアウトしたデータを渡して処理してもらわないといけないかもしれません。

 

そうなると、手間も暇もかかりますし、ミスも発生しやすくなります。

 

そういう意味では会計ソフトを選ぶのと税理士や会計士を選ぶのはセットのようなもの
どちらも同じくらい重要なのです。

 

このページでは、そんな厳しいクラウド会計ソフト市場で人気No.1のfreee(フリー)のメリット・デメリットを解説します。

会計ソフト「freee(フリー)」の
無料お試し

↓↓↓↓

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)

 

freeeはスマホからでも簡単に無料登録可能!

スマホでの使いやすさがクラウド確定申告ソフトの中でもダントツのfreeeなので、無料登録はスマホからでも簡単にできます。

 

freeeの簡単な無料お試し申し込み方法

freeeには無料お試し期間が1ヶ月ありますので、まず最初はそれから利用してもらいたいもの。

 

  1. まずは下のボタンをタップしてください
  2.  

  3. するとfreeeのトップページが表示されますので、下の「無料で確定申告を始める」をタップしてください
  4. 会計ソフト,フリー,freee,無料,お試し,

  5. すると個人か法人か、メールアドレス、パスワード入力画面が出ますので、それぞれ入力して「freeeを始める」をタップします。
  6. 会計ソフト,フリー,freee,無料,お試し,

  7. 次に、あなたの事業の業種、これまでの会計の方法、今回使う会計年度を聞かれますので、それぞれ入力して、「次へ」をタップします。
  8. 会計ソフト,フリー,freee,無料,お試し,

    会計年度は確定申告2023の場合は令和4年度(2022年度)分の収入を申告しますので、「2022年度」を選択します。

  9. 次に、freeeのプラン(スタータープランかベーシックプランか)を聞いてきますので、このときに下の図で赤い四角で囲ってある「無料お試しはこちら」をタップすると、決済情報も何も聞かれず、そのままfreeeの無料お試しがスタートできます
  10. 会計ソフト,フリー,freee,無料,お試し,

    ここで茶色(スタータープラン)と青(ベーシックプラン)の「始める」ボタンをタップしてしまうと、数のように支払い方法などを聞かれてしまいます。
    会計ソフト,フリー,freee,無料,お試し,

  11. ステップ5で「無料お試しはこちら」をタップすると、スマホでも下のようなPCサイトが表示されます。ここで下のほうを見ると、freeeスマホアプリのダウンロードリンクがあります。iPhone/iPadなら「AppStore」、アンドロイドスマホなら「GooglePlay」を選びます。
  12. 会計ソフト,フリー,freee,無料,お試し,

     

     

  13. アンドロイドスマホの場合は、GooglePlayストアでfreeeアプリのインストール画面が表示されますので、「INSTALL」をタップします
  14. 会計ソフト,フリー,freee,無料,お試し,

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

 

 

 

「農業用確定申告はfreeeに軍配」との口コミが多い

 

 

 

土日週末も平日夜間もサポート延長

freeeで人気なのが、やっぱり充実のサポート体制。
普通のお堅い企業が主要顧客の会計ソフトだと、サポート対応時間も「平日9時から17時までです」なんていうこともありそうですよね。

 

しかし、そこは個人事業主や副業サラリーマンをメインターゲットにしているfreeeなら、確定申告期間中は、土日も平日夜間も対応時間を延長してくれています。

 

ただし、サポート内容はプランによって違うので注意してください。

 

3月9日(土)から10日(日)のサポート時間

  • 電話サポート 10:00から18:00まで(プレミアムプランのみ)
  • チャット・メールサポート 10:00から18:00まで(プレミアムプラン・スタンダードプラン・スタータープラン)

 

3月11日(月)から15日(金)のサポート時間

 

  • 電話サポート 10:00から18:00まで(プレミアムプランのみ)
  • チャット・メールサポート 9:30から21:00まで(プレミアムプラン・スタンダードプラン)

     ただし、3月15日(金)は18:00で終了

  • チャット・メールサポート 9:30から18:00まで(スタータープラン)

 

freeeの割引クーポン

freeeに登録すると、freeeの便利な使い方、つまり、簡単で短時間に帳簿の入力や確定申告書の作成ができるノウハウなどが紹介されているメルマガのようなものが届きます。
2019年3月6日のメールでは、

 

  • サポートデスクは土日もオープン 営業時間を延長
  • 電子申告なら税務署がお休みの土日でも自宅から申告可能 WindowsでもMacでもOK!面倒なe-taxソフトも不要!
  • 500円相当の限定割引クーポン(利用期限:2019年3月10日(日))

といった内容でした。

 

気になるfreeeの500円相当の限定割引クーポンの内容は、

 

  • 現在無料プランに登録している人が対象
  • 指定のリンクから有料プランを選択後、初回の料金引き落としが500円割引される
  • 利用期限(クーポンコード入力)は2019年3月10日(日)まで

というものです。年払いでも月払いでも利用可能なので、そこについては差はありません。
有料プラン登録の際に「クーポンをお持ちの場合」というリンクが表示されるので、それをクリックして、クーポンコードを登録すると適用されます。

 

freeeでは無料お試しでは機能制限があるので、全ての機能を使いたい場合は、有料プランへの切り替えがおすすめです。

 

初心者でもわかりやすい確定申告ガイド2023【決定版】は無料でダウンロードできる

freeeの2019年3月8日のメールは、「【クーポン期限は明日まで】確定申告ガイドブックで土日に確定申告を終わらせましょう」というタイトル。クーポン、サポート延長、電子申告の案内の前に、

  • 確定申告の基本知識や書類の作成方法、節税チェックリストをまとめた確定申告ガイドブック

が紹介されていました。

 

この「初心者でもわかりやすい確定申告ガイド2023【決定版】」は無料でダウンロードできるpdfファイルになっていますが、

とにかく確定申告期限まで時間がない!!
移動中にでもササっと確定申告の概要や必要書類がチェックできたらありがたい!

というあなたのために、プリントアウトして折りたたむと、ちゃんと16ページの冊子になるようにできています。

 

たくさんの役立つ情報が見やすくまとめられていますが、一番役に立ちそうだと思ったのは、「Step3 確定申告書を作成する」の中の「確定申告書、私に必要なのはどの書類?」というコーナー。

 

確定申告は人によって申告内容が違いますよね。申告内容に応じて、適切な用紙や添付書類をつけなければいけませんから、一番重要な部分です。

 

また、「節税ポイントチェックリスト」の中では、「所得控除は全部で14種類!」ということが紹介されています。こういう部分ももれなくチェックして、節税したいですよね?

 

動画でのライブセミナー配信もある

freeeでは2019年3月6日(水)19時から20時に、「freeeサポートチームが確定申告の基礎知識からfreeeの使い方まで一通りレクチャーする」という内容でFacebook上で無料LIVE配信をしていました。配信済みの動画も今からでも見ることができます。会計freeeで無料プラン(お試し)しか登録していない人でも、無料で見れるのでありがたいですよね。

 

とにかく簡単なので、一度動画を見て、実際に一度使ってみてください!

 

 

役立った情報や口コミはSNSでシェアしよう!

トップへ戻る